史跡・文化財

称名寺のイチョウ

詳細はこちら

根周り6.2メートル、高さ29メートルの巨木。正確な由来沿革は不明ですが、天正10年(582年)に称名寺が建立された時から相当な大樹だったと伝えられます。
住所
福島県伊達市梁川町字右城町81
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245

高子二十境

詳細はこちら

高子の熊阪覇陵が創始した「高子二十境」は熊阪氏三代の漢詩や谷文晁の絵が残る名勝地です。丹露盤、玉兎巖、長嘯嶺、狸首岡、高子陂、白鷺峰、白雲洞などロマンチックな名前に誘われて、つい歩いてみたくなります。難解な漢詩は現代語に訳してみると、とても素敵です。丹露盤は二十境の第一番目。正確な場所が特定できない所もあります。
住所
福島県伊達市保原町上保原字丹露盤
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245

高子ヵ岡舘跡

詳細はこちら

高子ヵ岡舘は、伊達家の始祖朝宗の居城跡といわれています。
住所
福島県伊達市保原町上保原字丹露盤
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245
伊達家15代晴宗は父稙宗(たねむね)と常時意見の対立があり、稙宗が三男実元を越後上杉家に入嗣(にゅうし)させようとしたことが導火線となり、晴宗は遂に父を西山城に幽閉しました。
住所
福島県伊達市保原町上保原龍背巌
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245

諏訪神社と大杉群

詳細はこちら

社伝によれば、建久2年(1191年)伊達朝宗が高子カ岡城に入るとき、信州諏訪より勘請して当地に石宮を建立しました。
慶長2年(1597年)正月地守氏子渋川泰鎮、祢宜(ねぎ)原田庄太夫竹入治右衛門等の力により拝殿を造営しました。
住所
福島県伊達市保原町富沢字諏訪森13-1
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245

長谷寺(ちょうこくじ)

詳細はこちら

金剛山長谷寺は新義真言宗豊山(ぶざん)派に属し昔時(せきじ)より中本寺常法談林所と称し、学問修養の道場とされ、伊達西根、東根66郷、小手の庄21郷の惣本寺としての寺格をもち、真言宗の本郡本寺でありました。本尊は五智如来です。
住所
福島県伊達市保原町五丁目30
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245

霊山寺(りょうぜんじ)

詳細はこちら

南北朝の動乱によって焼き払われ、跡形もなく消え去った霊山寺。その後霊山寺は、寛永17年(1641年)に寛永寺末寺として復興し現在に至っています。参道には、先祖の供養のために建てられた鎌倉期の板碑があります。
住所
福島県伊達市霊山町大石字倉波14
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245

茶臼山城跡(懸田城跡)/茶臼山/桜

詳細はこちら

掛田の町並みを一望できる標高225.2メートルの山です。山頂には公園記念碑、山腹には郷土の歌人佐藤嘲花の歌碑と同詩人高橋新二の詩碑があります。(所要時間:30分)
住所
福島県伊達市霊山町掛田
アクセスマップはこちら
TEL
霊山総合支所 024-586‐3402

駒ヒメ桜

詳細はこちら

上小国地区に老木の駒ヒメ桜があります。斜面からせり出す樹根と幹は太く大きく、逞しいです。大きな空洞がありますが、毎年美しい花を咲かせています。根周り5.8メートル、高さ14.8メートル、樹齢は約500年といわれています。市指定文化財。

住所
福島県伊達市霊山町上小国駒場68-1
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245

下手渡藩(しもてどはん)陣屋跡

詳細はこちら

下手渡藩は、文化3年(1806年)、立花種善(たねよし)侯が九州三池藩から伊達郡内に10ヶ村1万石の領主として移封されて開かれた藩で、以来63年間続きました。
住所
福島県伊達市月舘町下手渡字天平25-2
アクセスマップはこちら
TEL
伊達市教育委員会 024-577-3245