124花・自然

女神山

およそ1400年前、崇峻(すしゅん)天皇の妃である小手姫(おてひめ)は、天皇が政変で亡き後、東国で新しい国をつくろうと旅立った息子の蜂子皇子(はちこのおうじ)を探してこの地にやってきましたが、姫は皇子に再会できぬまま、とうとうこの地で亡くなってしまったと伝えられています。

住所
福島県伊達市月舘町上手渡字女神山
アクセスマップはこちら
TEL
月舘総合支所 024-572-2112

月舘町周辺には、生き別れになった悲しい母子の話が「小手姫伝説」として伝えられ、人々の信仰を集めています。
青々と木々が茂る女神山も、その伝説が残る山。「うつくしま百名山」にも選ばれ、多くのハイカーが訪れるようになったこの山は、今でも小手姫の生きた時代と変わらぬ自然を残したまま、地域の人々をやさしく見守っています。

登山ルート
上手渡長屋の月宮神社(45分)尾根(30分)山頂

アクセス

JR福島駅から車で45分
阿武隈急行保原駅から車で30分
福島交通障子バス停から徒歩10分
東北自動車道国見ICから45分、または二本松ICから40分

「阿武隈急行」ホームページへ
「福島交通」ホームページへ


アクセスマップ を表示